うつ病とは

いわゆる古典的なうつ病

まじめで、休んだり他人に甘えたりするのが下手なタイプの人が、無理を重ねて頑張ったあげくに報われずに発病する、というのが古典的なうつ病です。
抑うつ気分、興味や喜びの消失、食欲不振や体重の減少、不眠、疲れやすい、集中力や決断力がなくなる、生きているより死んだ方が楽だと思える、などが症状です。
自殺者が毎年3万人を超えている日本では、最も治療を普及させなくてはならない疾患ですが、自ら援助を求めることが少ない人が多いので、周囲の人たちが正しい知識を持つことが大切です。

古典的なうつ病の治療法

古典的なうつ病の治療方法として、うつ病の人に必要なのは、まず休養すること、次に抗うつ薬をはじめとする薬物療法を行うことです。 認知行動療法 という治療も有効性が証明されており、当院では薬物療法と認知行動療法を取り入れた精神療法によって治療します。

新型うつ病、あるいは非定型うつ病/適応障害

最近特に増えているのがこのタイプの人たちです。
症状としては古典的なうつ病と共通していますが、ストレスがかかる状況(多くは仕事)で症状が重くなり、休日などに軽くなりやすいのが特徴で、自分がうつ病であるという自覚も持ちやすいタイプです。

新型うつ病、あるいは非定型うつ病/適応障害の治療法

新型うつ病、あるいは非定型うつ病/適応障害の治療方法として、古典的なうつ病と比べると薬物療法の効果が出にくく、休養による効果も一時的になりやすいため、環境の調整、ご本人の仕事や対人関係の構えを修正する、などの統合的なアプローチが必要となります。

診察項目

治療法


2019年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2019年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

平日10:00~13:00時
午後15:00~19:00時

土曜10:00時~13:00時
午後14:00~17:00時

定休日は木・日です。

アクセス

電車でお越しの方
お車でお越しの方
株式会社グロービア
https://www.glovia.co.jp/
原田メンタルクリニック
http://www.harada-mentalclinic.com/